民事再生という方法は住宅ローンなども含む多重の債務に悩んでいるひとを対象としたマイホームを維持したままで経済面でやり直すための法による債務を整理する方法として利用できるようになった手段です。

破産手続きとは違って免責不許可となる条件はないために、浪費などで借金した場合でも申請は取れますし、破産宣告をすると業務できなくなってしまう業種で収入を得ている場合などでも民事再生手続きは検討可能です。

自己破産では、マンションを対象外にすることは不可能ですし、他の債務処理方法では元金は戻していくことが必要ですので住宅のローンを含め払っていくことは実際のところは難しいでしょう。

といっても、民事再生という手続きを取れれば住宅ローン等を除いた借金は十分な圧縮することが可能ですので、十分に住宅ローンを返済しながらそのほかの借り入れ分を支払い続けることが可能ということになります。

ただ、民事再生という方法は任意整理と特定調停等と違いある部分だけの借金だけを除き手続きを行うことは不可能ですし破産宣告におけるように返済義務が消えるということではありません。

さらには、別の解決方法と比べると手順が簡単には進まず時間もかかりますので、マンション等のローンを組んでおりマンションを手放したくないような時以外で自己破産などのそれ以外の整理ができない際の最終的な手続きとみなした方がいいでしょう。