自動車重量税、別称重量税というものは日本の自動車もしくはアメ車という車の生産している国やエコカー、ワゴン車など自動車の形状も関係なく例えば、ニッサンやクライスラー、等でも同じように負担が必須な税金です。ライザップ 池袋

新車登録の時もしくは車検の際に納税が必要な税になります。ライザップ 千葉

この支払金額はその自動車のウエート毎に決められています。

「自動車重量税」と「自動車税」はまったく違う概念のため基礎となる税金を理解して混同しないようにしなければなりません。

「自動車重量税というものは自動車の重量で」「自動車税はクルマの総排気量によって」その額が変わります。

そして、買い取りする時の対応も違ってきますし、注意しましょう。

中古車を手放すときには既に納めた金額がどれだけあってもその税額が還ってくることはありません。

一方で自動車税でしたら、支払い済みの残存税額を査定額に上乗せしてくれるようなことがあるものの重量税に関しては上乗せされるということはなかなかありません。

重量税については、いくら支払い済みの金額があるとはいえ自動車買取業者の方でそのことが材料になる場合はほとんどないと思います。

ですので次の支払い分かりやすく言えば車検まで待機してから買い取ってもらうというのが無駄がないです。

自動車買取の時は考慮していただけないのが重量税ですが特定の事例だと戻ってくることがあります。

これに当てはまるのは車検の効力が残存している廃車にしてしまうケースです。

というのは、廃車申請をすると、残存期間に応じた税金が返金されます。

ですが、自動車の売却の際はその車が廃車されるのとは違って返ってきません。

そして、愛車の名義変更をした場合や盗難被害に遭った場合も還付を受けることはできません。

重量税の残っている期間がある自動車を手放すというのは、車検が残っている自動車ということになります。

その辺りを買取店も忖度しますので、自動車重量税が残っていれば、査定額が上がるはずです。

当然買取額は店により変わりますが、車検の効力が残っていることが考慮されれば、売却する車の買取金額と比較するとあまり割に合わないということもありません。