実際にコンピュータの前に座り、リアルタイムで上がったり下がったりしている為替相場を眺めていると理由無く売買をしたくなるという抑えようの無い感情に追い立てられる状況も多いと思います。

しかし、漠然とした考えで取引することは、避ける必要があります。

分かっていると思いますが、相場は終日、いかなる時でもいずれかの国の外国為替相場がやっているし、為替レートも休みなく、変動している。

しかし、立て続けに売買を積んでいくと、その回数だけ損失を被る率が上がります。

当然の事ながら、取引の数を増やすことによってだんだんと勝つ可能性が半々に近づくのは事実です。

しかしその事実は「明確でない直感で取引」とは別の問題です。

エントリー回数を増やす事の意味は自分自身が「ここで勝負」と考える機会を得たケースでのトレード回数を積み重ねるという意味です。

ただ、ひっきりなしに注文を積むのとははっきりと異なります。

外国為替相場の勝負に勝利するためには自ずからよく考えてけじめをつけることこそが重要です。

「ここは!」と思えた市場の時には迷うことなく持っているポジションを増やして、覚悟を決めて儲けを追求します。

「何となく分からない為替相場で、どう上下するのかわからないな」と思案した時は、諦めて所持ポジションをひとつも残さないで閉じて放置します。

それくらいのメリハリがあったほうか、最終的に売り買いは成功します。

市場の格言には「休むも相場」というものがあります。

まさにその通りです。

FXとは、何も常にポジションを保持する事がすべてではなく売買ポジションを保有せずじっと見ていることも時にはFXです。

それならば、どういう時に、休めばいいのでしょうか。

第1に言われるのが先に述べたように、現在の相場展開が具体的に良く見えない時です。

現状から円高になるのか、それとも円安になるのかが見通せない時は、ヘタに動くと、あなたの書いたシナリオとは異なった方向にマーケットが推移してしまい、損をする事になります。

だから、そうした時はポジションを整理して静観を決め込むのがいいだろう。

ふたつめは、己の体調が変なときです。

体の状態とマーケットにつながりがない考える方もいると思いますが実際には思いのほか関係あります。

体の状態が変な時は、為替相場の重要な局面で、正確な判断が出来ない場合があります。

やる気がわかない時は、市場から目をそらす事も必要な事です。